札幌ケアデビュースクール札幌ケアデビュースクール

札幌ケアデビュースクール札幌ケアデビュースクール

介護職員初任者研修
とは?

初任者研修を取得しよう!

介護職員初任者研修という資格は、これから介護の仕事を始める人が最初に取るべき資格です。入浴のサポートなどを「身体介護」と言いますが、利用者様の身体介護には必ず資格が必須です。

介護の仕事は大きく分けると、掃除や洗濯・料理などの「生活援助」と、利用者さんの身体に触れて食事・入浴・排せつなどの日常生活を支援する「身体介護」の2種類があります。これは、利用者の家を訪問して行う訪問介護でも、老人ホームなどの施設介護でも同様です。

このうち、利用者さんの身体に触れる「身体介護」をするためには、必ず介護の資格を保有している必要があります。
介護の資格は、比較的短期間でとれるものから、難易度の高い国家資格までさまざま。その中で、この介護職員初任者研修は3カ月程度で取得が可能なもっともとりやすい資格。いわば「介護のスタート資格」です。

就職に有利!

2025年には230~250万人もの介護職が必要になると言われている一方で、人材は圧倒的に不足することが大きく報道されています。
実際、求人誌を見ても、介護の仕事の求人はとても多く、つまり、介護の資格を取得さえしておけば、就職・転職には困らないとも言えるのです。働き続けたいという意欲とこの介護職員初任者研修の資格さえあれば、就職には極めて有利なのです。

試験の心配?

介護職員初任者研修は、研修修了後の試験がありますが、これは全過程を振り返る確認の試験です。「介護の技術や理念の基礎をしっかりと学び、身につけるための資格試験」と考え、真剣に受講をし、試験に向かうことをおすすめします。

当スクールの特徴

1

祉介護事業者が
運営しています

2

がい者グループホームを
運営しています

3

師陣に自信があります

スクールの紹介
11
カリキュラム内容
22
取得後の就職支援